ファッション

インフルエンサー、高島涼のセレクトショップ「+81」がスタート 国内外問わず「本当にいいモノ」だけをセレクト

 ファッションディレクターとして活動する高島涼が手がけるコンセプトストア「+81」がオープンする。9月26日にECサイトを開設し、年内に店舗もオープンする予定だ。“Seamless”をコンセプトに、世界中のファッションやカルチャーを繋ぎ合わせることを目指し、国内外問わずさまざまなブランドの中から、高島自身が考える「本当にいいモノ」だけをセレクトする。取り扱いブランドは「スタジオニコルソン(STUDIO NICHOLSON)」や「コッキ(KHOKI)」「カミエル フォートへンス(CAMIEL FORTGENS )」「エイトン(ATON)」「スリーマン(3MAN)」「ラキネス(RAKINES)」「サシャガレル(SACHAGAREL)」など。

 高島は1992 年生まれ。建築士として活動 した後、TOKYO BASE へ入社。2018 年に独立し、フリーランスとして活動を開始。インスタグラムや ユーチューブなどのSNS を中心にファンを獲得し、SNS の合計フォロワー数は26 万人を誇る。現在は自身のブランド「リョウ タカシマ」をはじめ、メディアやブランドのディレクター、インフルエンサ ーとして幅広く活動している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら