ビューティ

メンズコスメ「ファイブイズム バイ スリー」から初のフレグランス 記憶を呼び覚ます香り

 メンズメイクをはじめ、性差・年齢を超えてリミットレスなスタイルを提案する「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」は、ブランド初のフレグランス“タッチング フロム ア ディスタンス フューチャー メモリー”(50mL、1万2000円)を11月13日に発売する。グローバル・クリエイティブ・ディレクターを務めるRIE OMOTOは、「香りには記憶を呼び覚ます大きな力がある。過去と未来のバランスを考えながらネーミングし、両方を感じ取れる香りに仕上げた」という。

 また、「つける人の体温などによっても香り方は異なるため、つける人自身の香りやパワー、エネルギーと調和するように100%完成させずにあえて5%の余白をつくった」ことで、より個性を表現できるように仕上げた。

 RIEグローバル・クリエイティブ・ディレクターは、香水プロジェクトにつけられた“タッチング フロム ア ディスタンス”という言葉について、「時代が変化し新しい状況に直面しているが、人と人がさらに結びついてもっとコミュニケーションをとることが大切だと考えている。香りには、相手のパーソナルな空間に押し入らずにその人に触れることができる力がある。たとえ人と実際に触れることが難しい今の状況でも心に触れられる。“タッチング フロム ア ディスタンス”にはそういうアイデアが込められている」と語る。

 香りは“聖なる木”とも呼ばれる天然の香木・パロサントの煙が立ち昇るイメージをインセンス、タバコ、スモークなどウッディーな香料を用いて再現。トップノートはオリバナムやイランイラン、ローズマリータバコなどを、ミドルノートはローズとグリーンティーを、ベースノートにはシダーウッドやサンダルウッド、ペチパーなどを調香した。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら