ビューティ
特集 メンズコスメ2023 第4回 / 全5回

「スリー」「シロ」「シセイドウ メン」 自由化するメンズビューティ、支持されるブランドの条件は

有料会員限定記事

「スリー」「シロ」「シセイドウ メン」 自由化するメンズビューティ、支持されるブランドの条件は

“メンズ”の枠組みを超えて商品を選ぶ購買動向は、すでに男性の間でも習慣化が進むスキンケアで顕著。研究力に裏打ちされた成分や効果・効能は、男性支持につながるポイントだ。一方で、メイクアップはまだブルーオーシャン。エントリーユーザーが多いため、「こんなふうになりたい」と思わせる世界観や提案だけでなく、メイクに慣れない男性のために寄り添う商品設計が肝要だ。(この記事は「WWDJAPAN」2023年9月25日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋です)

スリー(THREE)」 / 「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)

5年で男性客比率が2倍
性別を超えたカラーメイク加速

2018年から、性差に縛られない“個性”や“自己表現”を掲げ、男性メイク市場の開拓に挑んできたのが「スリー」の派生メイクブランド「ファイブイズム バイ スリー(以下、ファイブイズム)」だ。「ファイブイズム」が男性の間口としての役割を果たし、「スリー」ブランド全体では、この5年で男性客比率は2倍に増えた。今秋冬からは「スリー」のアイメイクやネイルのカラーも、ジェンダーにとらわれない方向性を強める。

「ファイブイズム」は「スリー」の一部のショップや百貨店の平場、セレクトショップなどで展開する。ファッション感度や美意識の高い男性をターゲットに、モードな世界観で訴求してきた。桝浩史ブランドマネージャーによると、「お客さまは、必ずしもメイクの知識や経験が豊富な人ばかりではない」。来店動機の多くは、ニキビを隠したい、肌色をよくしたいといったコンプレックスの解消。売り上げ構成はベースメイクが6割。売り上げナンバーワンは、トーンアップできる日焼け止め “FF シークレットエージェント UV”だ。「肌を美しく見せたいが、メイクをしていると思われたくない」という、リアルなニーズが透けて見える。

この続きを読むには…
残り3803⽂字, 画像17枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。