ビューティ

【ミヤシタパーク見どころ2】 ビューティは「THREE」や渋谷エリア初出店の「ウカ」、「ノーズショップ」の新業態などを集積

 三井不動産による東京・渋谷の複合施設「ミヤシタパーク」が、7月28日から段階的にオープンする。90店舗を集積する。「ルイ・ヴィトン」をはじめとしたラグジュアリーブランドやストリートブランドなどのほか、レコードやアートなどのカルチャー、全長100mに居酒屋やレストランが集まる「渋谷横丁」など、個性的な90店舗が入る。

 ビューティは、2階に「ビジョナリウム スリー シブヤ(VISIONARIUM THREE SHIBUYA)や、渋谷エリア初出店の「ウカ ストア(UKA STORE)」、ニッチフレグランスのセレクトショップ「ノーズショップ(NOSE SHOP)」、メイドイントーキョーをコンセプトにしたグルーミングブランド「デニス トーキョー(DENIS TOKYO)」、ヨガやトレーニングなど芝生広場を使ったワークアウトを提案するフィットネスジム「グリットネーション(GRIT NASTION)」が入った。

 「ビジョナリウム スリー シブヤ」は、「THREE」とメンズコスメブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」の両ブランドを取り扱う店舗。オープンを記念して、ファッションブランド「ハイク(HYKE)」と「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」とのコラボコレクションを発売する。「ウカ ストア」は“カフェ”をコンセプトにゆったりと接客が受けられるようにベンチを用意。同店限定でアーティストのとんだ林蘭がデザインした「ネイルオイル ウカストアゲンテイ イエロー」や「スカルプブラシ ケンザン ミディアム ウカストアゲンテイ イエロー」など発売する。また「ノーズショップ」では、インディペンデントブランドの世界観をより分かりやすく伝えるために初めてギャラリーを常設して、一カ月ごとに作品を変えて展示する。元々店舗を構えていた代官山から移転した「デニス トーキョー」は、オーガニックにこだわりヘンプオイルやオリゴペプチドといった素材をシャンプーや整髪剤を展開する。同店の壁をアーティストに無償でギャラリースペースとして貸出月ごとにさまざまなコラボレーションを行う予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら