ファッション

「THREE」と「ファイブイズム バイ スリー」が「ハイク」「N.ハリ」とコラボ ミヤシタパーク出店記念

 ACROが展開する「THREE」とメンズコスメブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」は、今年オープン予定の東京・渋谷、宮下公園の複合型商業施設「ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)」に両ブランドを取り扱う店舗「ビジョナリウム スリー(VISIONARIUM THREE)」をオープンする。

 オープンを記念して、ファッションブランド「ハイク(HYKE)」と「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD以下、N.ハリ)」とのコラボコレクションを発売する。渋谷というファッションカルチャーが根強いエリアで、“素材への探求”と“ボーダーレス”をキーワードに、両ブランドの“ものづくりに向かう真摯な姿勢”に共感し、今回の協業に至った。

 コラボアイテムは“アクティブにオン/オフで使える”をテーマに、両ブランドの素材を入れ替えて、それぞれ2型ずつ製作。「ハイク」は「N.ハリ」の素材を使用して、「THREE」のブランドカラーであるグレー、ホワイト、ブラックのTシャツ(3色、各1万円)とタンクトップ(3色、各8700円)をそろえ、「N.ハリ」は「ハイク」の素材に、「ファイブイズム バイ スリー」のブランドカラー、グレー、ライトグレー、ブラックのTシャツ(3色、各1万7000円)とタンクトップ(3色、各1万5000円)を用意した。またこれらのアイテム購入特典として、「ハイク」「N.ハリ」「ビジョナリウム スリー」のロゴを配した巾着型バッグが付くほか、さらに「ハイク」購入者には「THREE」の“ベースメイク7DAYS PACK”を、「N.ハリ」購入者には「ファイブイズム バイ スリー」の“ベースメイク7DAYS PACK”をプレゼントする。Tシャツとタンクトップはいずれも数量限定で今年の夏に発売予定で、また東京・丸の内に構える「ビジョナリウム スリー」や、「THREE」「ファイブイズム バイ スリー」の両公式オンラインストアなどでも取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら