ファッション

追記:「ハイク」×「アディダス」が復活 “ウルトラブースト”をベースにした新スニーカーなど

【追記 5月20日】「アディダス」と「ハイク」は、新型コロナウイルス感染症の影響から発売が延期されていたコラボコレクションを5月27日12時から販売する。「アディダス」の公式アプリと公式オンラインストアおよび伊勢丹の公式オンラインストアで取り扱う。価格は“ウルトラブースト”をベースにした“AH-001”が3万5000円、“スタンスミス”をベースにした“AOH-001”が1万9000円、プルオーバーが3万3000円、タイツが1万8000円、キャップが8990円など。

 「ハイク(HYKE)」は2020年春夏、「アディダス(ADIDAS)」とのコラボレーションライン“アディダス バイ ハイク(ADIDAS BY HYKE)”を6シーズンぶりに復活させる。16-17年秋冬まで展開していたコラボは「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」との企画だったが、今回はパフォーマンスラインが加わった。20-21年秋冬までの2シーズンでの販売が決まっている。

 “アディダス バイ ハイク”は4月29日に、東京・原宿のアディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウと、伊勢丹新宿本店で先行発売し、5月1日からグローバルローンチとして海外店舗でも取り扱い、5月6日からは「アディダス」と伊勢丹のオンラインストアでも販売を開始予定だ。

 20年春夏コレクションは、ホワイト、ブラック、カーキのカラーパレットで、「アディダス」の機能素材で「ハイク」のデザインを取り入れたラインアップ。ランニングシューズの“ウルトラブースト(ULTRABOOST)”をベースにしたスニーカー、タイツやキャップ、トップスやワンピースなどをそろえる。

 また、「アディダス オリジナルス」とのコラボで好評だったスニーカー “AOH 001”も再販が決定した。定番モデル“スタンスミス(Stan Smith)”の原型“ハイレット(HAILLET)”から着想を得たホワイトとパイソンの2種を扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら