フォーカス

3人の東コレ担当記者が選ぶ2日目の“私的BEST LOOK”

 10月14日から19日までの6日間、楽天を初の冠スポンサーに迎えた2020年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が開催される。期間中は、非公式スケジュールを含めると50近いブランドがランウエイショーやイベントを行い、合計すると1000近いルックが披露される。しかし、よほどのことがない限り全てのルックをチェックするのは難しい。

 そこで「RFWT」を取材する3人の「WWDジャパン」記者が、各日の“私的BEST LOOK”をご紹介。東コレを4年連続で取材する30代男性記者K.O、海外コレクションの取材経験も豊富な女性記者M.O、東コレにはスナップカメラマンとして参加していた20代男性記者R.Oという、偶然にもファミリーネームが「O」縛りの3人が選ぶルックとは?2日目に登場した「ノントーキョー(NON TOKYO)」「アジアンファッションミーツトーキョー フィリピン(ASIAN FASHION MEETS TOKYO PHILIPPINES)」「ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO)」「ボディソング(BODYSONG.)」「ステア(STAIR)」「イル イット(ILL IT)」「バルムング(BALMUNG)」「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATIENTS)」「ハイク(HYKE)」の9ブランドから3ルックをピックアップしお届けする。


男性記者K.O
NON TOKYO / LOOK 15

 東コレに毎シーズン設けられているパルコが支援する参加枠は個人的にいいブランドがそろっている印象で、2日目トップバッターの「ノントーキョー 」も例に漏れずかわいかった。朝から元気をたっぷりもらいました。ギャザーでモコモコ、レースでフリフリなガーリーの要素もありつつ、ミリタリーウエアのディテールやカモフラ柄を勢いよくミックスして東コレという“戦い”に挑む姿勢がかっこよかった。それもそのはず、今シーズンのテーマはズバリ“愛の戦士”。BGMにはセーラームーンのイントロが流れ、反応するか否かで世代が分かるのもちょっと面白かったです。照明が独特なのでちょっとダークに見えるかもしれませんが、服からはハッピーなムードがしっかり伝わってきましたよ。中でも、わかりやすいハイブリッドのこのルックが今日イチです。


女性記者M.O
HIROKO KOSHINO / LOOK 1

 「ヒロココシノ」は今季、長年ショーを披露してきた東京・恵比寿の会場を離れて、江東区の東京都現代美術館で発表しました。自然光が降り注ぐ、明るい会場でのショーは服も細部までよく見えましたし、光のエネルギーを感じました。コレクションは音楽から着想を得ていて、ランウエイではピアニストの演奏が披露されました。ルックで最も特徴的だったのは、柄使い。幾何学柄はバイオリンの曲線、ストライプはピアノの鍵盤をイメージしているようです。ペールトーンのブルーやベージュの色合いは、奏でられた旋律にぴったりでやさしいハーモニーを感じました。


男性記者R.O
HYKE / LOOK 42

 惜しまれながらも先シーズン限りで「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」との協業を終了した「ハイク」ですが、16-17年秋冬ぶりにアディダス(ADIDAS)とのコラボレーションが帰ってきました。ランウエイではルックが現れた瞬間、来場者の多くがカメラを構えるほど人気が高いこのコラボ。以前までは「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」とでしたが、今回は「アディダス」がパートナーということで、ロゴもトレフォイルではなくパフォーマンスという点がポイントでしょう。来シーズンも展開され詳細は1月に発表とのことですが、どんなアイテムが展開されるのか待ちきれません!