フォーカス

ベタつく季節のお手入れに、汗・汚れを優しく洗い流すボディーウオッシュ6選

 梅雨が明けると、予想最高気温が35℃を超える猛暑日が続くそうで、少しの移動でも汗のベタつきは気になるところだ。そこで、汗や皮脂を優しく洗い流したい人にオススメのボディーソープを紹介する。植物オイルを主体としたカスチールソープ、天然鉱物配合でニオイケアにもオススメのソープ、水だけで汚れを落とすサステナブルなボディーウオッシュパッドなどタイプが異なる製品を厳選した。

低刺激で洗い上げたい人に――精油の香りも柔らか 「ザ パブリック オーガニック」

 国産オーガニックコスメブランド「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」のボディーソープ。同ブランドは、“精油シャンプースーパーポジティブ”シリーズが人気だが、ボディーソープも知る人ぞ知る良品だ。天然オレンジ精油と天然ユーカリ精油がほのかに香る「スーパーリフレッシュ」(480mL、980円)をオススメする。

 成分表をチェックすると「カリ石ケン素地」とあり、洗浄成分は石けんベースであることが読み取れる。また、洗浄成分のコカミドプロピルベタインはベビーソープにも配合される成分で、比較的低刺激であることがうかがえる。大容量なのに価格は手ごろなのもポイントだ。ジェンダーレスな香りなので、家族や恋人とシェアしてもいい。

ボディーだけでなく、洗顔、クレンジングと万能 「ザ・パーフェクトアンカー」

 植物オイルを主体としたカスチールソープの「ザ・パーフェクトアンカー(THE PERFECT ANCHOR)」(236mL、1000円/944mL、3600円)。処方されているヤシ油、オリーブ果実油、ヒマワリ種子油、シア脂油は、有機栽培された原料から抽出した100%オーガニックオイルを使用している。また、生物分解される処方のため、地球にもやさしい。

 ボディーウオッシュとしてだけでなく、クレンジング、洗顔、ハンドソープなど1本でマルチに使えるのも魅力。ラベンダー、ローズマリー、ペパーミントなど香りのバリエーションも豊富だ。

ニオイやニキビが気になるボディーと顔の洗浄に 「ジオソープ」

 
 多孔質の天然鉱物ゼオライトを配合した、「ジオソープ(GEOSOAP)」の固形石けん「フェイス&ボディ」(105g、880円)。ゼオライトとは、火山灰が固まってできた天然鉱物のこと。目に見えない無数の穴を持っていて、吸着力、脱臭力に優れている。このため、ニオイが気になるワキや足などの洗浄に適している。さらに、ニキビの原因となる汚れや古い角質を落とす働きが期待できるので、毛穴ケアにもピッタリだ。

 流し終えた後の廃水も、環境負荷がかからないように設計されているサステナブルなソープ。コスメキッチンでボディー石けん売り上げ1位(期間:1月1日~6月30日)を記録しているというのもうなずける。

特殊ファイバーが、角質、毛穴汚れをオフ 「フェイスハロー」

 6月25日に新発売されたのが、オーストラリア生まれのブランド「フェイスハロー(FACE HALO)」の「ボディウォッシュパッド」(1枚3960円)。水だけで汗や皮脂をオフできる新発想のアイテムだ。スクラブ(白面)とクレンジング(黒面)からなるパッドで、使い方もシンプル。まず、お湯で白面を濡らし、ボディーのざらつきが気になる部分をマッサージしながら洗う。仕上げに、黒面で肌をなでるように洗って水で流すだけ。ボディーソープそのものを使わず、水だけで洗い上げられるというのが斬新だ。パッドは約200回繰り返し使えるので経済的でもある。

オーガニックセサミオイルを11%配合し、高い保湿力 「ヴェレダ」

 「ヴェレダ(WELEDA)」の100%天然由来成分ボディーウオッシュ「フィールグッドシャワー」(200mL、1800円)。オーガニックゴマ油を約11%も配合したモイストリッチ処方で、みずみずしい洗い上がりだ。植物由来の洗浄ベースのため生分解性があり環境にも優しい。スパイシーなジンジャーと爽快感のあるシトラスがほのかに感じられる、夏らしい香りに心癒やされる。

心もほぐれる、シトラス調の爽やかな香り 「アルジタル」

 シチリア生まれのオーガニックコスメブランド「アルジタル(ARGITAL)」。7月21日に発売されたのが、「シャワージェル リラクシング」(250mL、2900円)だ。同ブランドの代名詞的存在とも言えるグリーンクレイが配合されているため、皮脂汚れを吸着しスッキリと洗い流せる。
 特筆すべきはその香りだ。天然・合成を問わず強い香りが苦手で、ついつい無香料タイプを選びがちな人にも、強い香りでありながらもキャップを開けて何度でも嗅ぎたくなるような香りが楽しめる。別名レモンバームとも呼ばれるメリッサは、その名の通りシトラス調の芳香が特徴。イランイラン花油も配合されているため、メリッサの爽やかな柑橘系の香りにイランイランの甘やかな香りが絶妙に調和している。
 
 また、各製品のおおよその使用回数を独自に算出してみた。一度に使用する量を約6mLと仮定すると、「ザ パブリック オーガニック スーパーリフレッシュ」は約80日、「ザ・パーフェクトアンカー」は約39日、「フェイスハロー ボディウォッシュパッド」は約200回、「ヴェレダ フィールグッドシャワー」は約33日前後、「アルジタル シャワージェル リラクシング」は約42日使える計算になる。ボディーソープを充実させて、うだるような暑さも健やかに乗り切りたい。

小竹美沙:1984年生まれ。女性誌やウェブマガジンで、ナチュラル&オーガニック&サステナブルなコト、モノ、人びとについて取材&発信中。2009年から恵比寿のファッションスクールのオフィシャルライターとして広報資料のライティングにも携わる