ビューティ

おこもり美容に最適! 「フジミ」のカスタマイズフェイスマスクを1カ月使ってみた

 外出自粛でリモートワークが1カ月以上続いている人も少なくないだろう。時間的余裕が生まれる人も多いらしく、その時間を使って自宅でできる美容や運動に初めて挑戦しているといった声を聞くことが増えた。かくいう私もその一人。そこで今回、カスタマイズサプリ「フジミ(FUJIMI)」が話題のトリコが3月中旬に発売したカスタマイズフェイスマスク「ビューティ フェイスマスク(BEAUTY FACE MASK)」を約1カ月試してみた。
 
 そもそも「フジミ」とは、2018年からスタートしたカスタマイズサプリメントブランドだ。公式サイト上で生活習慣に関する質問に答えるだけで、ユーザーが必要とする成分を配合したオリジナルサプリメントを提供するサービスをで、これまでに約40万人の診断を行ってきたという。その派生として先月発売された「ビューティ フェイスマスク」は、ユーザーに日中の外出時間や、運動の頻度、肌トラブルが起きる頻度、睡眠時間など合計20の質問に答えてもらうことからスタート。その診断結果を元にして、その美容液はシートマスクを上部に内包したパックの中で2層に分かれており、ユーザーは、使用直前に美容液を混ぜてファイスマスクに浸透させる。香りは3種類から選択でき、パラベンや防腐剤、鉱物油、アルコールなど6つのフリーを掲げている。

簡単な質問に答えるだけで目標が分かる

 まずは20の質問に答えることから。私の場合、平均の睡眠時間はどのくらい?という質問には、「8時間以上」と回答。また、ほおに触れた時の肌の感触は?という質問には、「密着感がなく、カサカサ」と回答した。複数の質問に答えて、送信するとスキンバランスが「Dry」であると判明。自分の肌状態が正確に分かり、目指すべき理想ゾーンが分かるので参考になる。

 それから7日後、早速届いた製品を開封してみると――。上部のフェイスマスクにしみ込んでいる第1美容液には、“現在抱えている肌の課題にアプローチする成分”が処方されているという。私の美容液には、固くなった角質を柔らかくし、角質水分量を増加する効果が期待できるベタイン、保湿成分のヒアルロン酸Na、肌のバリア機能を高めるパンテノールなどが入っていた。対して下部の第2美容液は、“これからなりたい肌イメージに向けて導く成分”が処方され、鎮静効果の高いボタンエキスやカンゾウ根エキス、抗老化効果が期待できるツボクサエキスなどが配合されていた。香りはメディケイテッドティーツリーのほのかな香り。

 使い方はシンプル。まずパックを3つ折りにし、第2美容液を下から上に押し出すように強く握ってフェイスマスクに浸透させる。マスクを取り出し、装着して15~20分ほど待つ。シートは厚みがあるため肌にしっかりと密着するのでほかの作業もOK。美容液がふんだんに浸透しているため、はがす瞬間まで蒸発せずに残っていたのは好ポイント。5日に1枚のペースで続けたところ、肌のキメが整い、潤いを感じられるように!トーンもやや明るくなった気がしてその効果に満足。自分の肌悩みに特化している点、加えて私の場合は、「フジミ」のカスタマイズサプリメントも併用していることもあり、総合的なアプローチで肌質改善につながったようだ。

 同製品は、1箱6枚入りで、通常価格は6400円(送料別)。定期特別価格は4890円(送料無料)。

小竹美沙:1984年生まれ。女性誌やウェブマガジンで、ナチュラル&オーガニック&サステナブルなコト、モノ、人びとについて取材&発信中。2009年から恵比寿のファッションスクールのオフィシャルライターとして広報資料のライティングにも携わる

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら