ファッション

「ブレードランナー」「マッドマックス」など、ディストピアファッションが注目の終末映画13選

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、世界の終末を思い浮かべる人もいるだろう。1982年に公開されたSF映画「ブレードランナー(Blade Runner)」は退廃的な近未来を描き、ラフ・シモンズ(Raf Simons)やアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)、ガレス・ピュー(Gareth Pugh)らにインスピレーションを与えた。

 ここでは、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の「スリラー」のミュージックビデオなどを手掛けた衣装デザイナー、デボラ・ナドールマン(Deborah Nadoolman)がセレクトした、ディストピアファッションで注目すべき映画を紹介する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら