ファッション

「ブレードランナー」「マッドマックス」など、ディストピアファッションが注目の終末映画13選

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、世界の終末を思い浮かべる人もいるだろう。1982年に公開されたSF映画「ブレードランナー(Blade Runner)」は退廃的な近未来を描き、ラフ・シモンズ(Raf Simons)やアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)、ガレス・ピュー(Gareth Pugh)らにインスピレーションを与えた。

 ここでは、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の「スリラー」のミュージックビデオなどを手掛けた衣装デザイナー、デボラ・ナドールマン(Deborah Nadoolman)がセレクトした、ディストピアファッションで注目すべき映画を紹介する。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら