ファッション

「セリーヌ」のエディ・スリマンが選んだ映画を無料配信

 「セリーヌ(CELINE)」のアーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターのエディ・スリマン(Hedi Slimane)は、自身がストリーミングサービス「MUBI」のセレクションから選んだ映画を同サービスで30日間、無料で配信すると発表した。

 クラシック映画を中心にフランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)の代表作「地獄の黙示録」を含む全10作品(下記一覧参照)をエディが選んだ。なお、配信は5月31日までの予定だ。

 エディは新型コロナウイルスの感染拡大の中「わたしは何を共有できるのか、何が助けとなるのか、少しでも人々の不安を和らげることができるのか」と考えた結果、映画の配信に至ったと語る。

 「MUBI」はカルト映画やアートハウス系映画などのディープな作品が多いことで知られるストリーミングサービスで、日本を含む190カ国で視聴可能だ。

配信作品の一覧:

「地獄の黙示録」(フランシス・フォード・コッポラ、1979年)

「シャレード」(スタンリー・ドーネン、1963年)

「わたしはロランス」(グザヴィエ・ドラン、2012年)

「仁義」(ジャン・ピエール・メルヴィル、1970年)

「ナイトタイド」(カーティス・ハリントン、1961年)

「パリ、テキサス」(ヴィム・ヴェンダース、1984年)

「仮面/ペルソナ」(イングマール・ベルイマン、1966年)

「気狂いピエロ」(ジャン・リュック・ゴダール、1965年)

「赤い砂漠」(ミケランジェロ・アントニオーニ、1964年)

「大人は判ってくれない」(フランソワ・トリュフォー、1959年)

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら