スナップ

「セリーヌ」男女合同ショー来場者の服装は“エディ系”ロック&70年代ブルジョワスタイルに二分

 「セリーヌ(CELINE)」は2020-21年秋冬コレクションを、パリのアンヴァリッド(Invalides)で男女合同形式のショーで発表した。エディ・スリマン(Hedi Slimane)=クリエイティブ・ディレクターのファースト・コレクション以来となる男女合同形式で見せた今回は、“エディ系”男女が集結。その顔ぶれと服装を大別すれば、スリムなロックスタイルと昨今「セリーヌ」のウィメンズが打ち出している1970年代のパリのブルジョワスタイルに二分された。

 スリムなロックスタイルだったのは、カール・バラー(Carl Barat)やフランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)のフロントマンのアレックス・カプラノス(Alex Kapranos)ら英ロックミュージシャンは当然として、ネットフリックス(NETFLIX)ドラマ「セックス・エデュケーション(Sex Education)」に出演中のエイサ・バターフィールド(Asa Butterfield)やフィネガン・オールドフィールド(Finnegan Oldfield)やアクセル・オリアン(Axel Auriant)ら仏俳優もエディらしいロックスタイルに身を包んだ。

 70年代のブルジョワスタイルは、まさにそのスタイルを築いてきたようなジェーン・バーキン(Jane Birkin)やカーラ・ブルーニ(Carla Bruni)、イザベル・ユペール(Isabelle Huppert)ら大物モデルや女優がその代表格だ。モデルでインフルエンサーのアレクサ・チャン(Alexa Chung)からアーティストのクララ・ルチアーニ(Clara Luciani)、今年公開予定のリブート映画「West Side Story」に出演する新星女優のタリア・ライダー(Talia Ryder)まで、「セリーヌ」のブルジョワスタイルにぴったりな雰囲気を持つセレブリティーがそろった。日本からは高橋ららが来場した。

 一方で、アーティストのヒューゴ・ハムレット(Hugo Hamlet)やパリ発のバンド、オラクル・シスターズ(Oracle Sisters)のクリストファー・ウィラット(Christopher Willatt)はボウタイブラウスを選び、70年代らしいムードを取り入れた。今季の「セリーヌ」は全て男女でシェアできるユニセックスなコレクションを打ち出したが、ロックな“エディ系”男子が今後70年代なジェンダーレスアイテムをどう着こなしていくのかに注目だ。

最新号紹介