ファッション

「ギンザ シックス」は最大級&世界初づくし 注目テナント一挙紹介

 ギンザ シックスが4月20日オープンする。松坂屋銀座店跡地の再開発によって誕生した同施設は、J.フロント リテイリング、森ビル、LVMHグループのLキャタルトン リアルエステート、住友商事の4社が運営する銀座エリア最大の商業施設だ。「日本初のラグジュアリー・モール」を謳うギンザ シックスには、「ディオール(DIOR)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「フェンディ(FENDI)」「セリーヌ(CELINE)」「ヴァン クリーフ & アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」がそれぞれ2~5層のメゾネット型店舗を構え、銀座通りで115メートルにわたりその威容を示している。ここでは報道陣に公開された中でも特に注目の6ブランドのテナントとビューティフロアを紹介する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら