ビューティ

「RMK」クリエイティブディレクターが退任 来年5月めどに新任者を発表

 エキップは12月31日、「RMK」のクリエイティブディレクターを務めるKAORIとの契約を終了する。新クリエイティブディレクターは21年5月をめどに発表する予定だ。21年サマーコレクションまではKAORIが製品開発、広告ビジュアルに携わり、21年フォールコレクションより新クリエイティブディレクターの監修する。

  NYで活躍するメイクアップアーティストのKAORIは、13年に「RMK」2代目のクリエティブディレクターとして就任。以降、メイクとファッションを融合した色・アイテムを提案し、ブランドの飛躍に貢献した。同社は次なるステージに挑戦するべく契約満了をもってリエイティブディレクターの交代を決めた。

  「RMK」は1997年3月に1号店をオープンして以降、現在までに国内123店舗、海外4カ国27店舗、免税店18店舗を展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら