ビューティ

ゆうこすのスキンケアブランドがリブランディング 角質・保湿ケアがかなう「ユアン」に

 モテクリエイターのゆうこす(菅本裕子)がプロデュースする「ユアンジュ(YOUANGE)」はリブランディングし、新たに「ユアン(YOUAN)」として公式オンラインショップとビープル バイ コスメキッチンで2月22日に発売する。“リセット”をテーマに角質ケアと保湿ケアがかなうスキンケアブランドで、「BQ クレンジングバーム」(200mL、3500円)や「BQ ホットクレンジングジェル」(200mL、3500円)、「BQ ウォッシングフォーム」(120g、3500円)など全8アイテムをそろえる。

 「ユアン」は多くの現代女性が肌悩みであげる毛穴に着目。整肌成分など5つの成分を組み合わせて開発したオリジナル発酵エキス「BIO-Quintent」を配合し、ターンオーバーを促進して古い角質を排出し、潤う力を高める。

 またクリーンビューティを掲げ全アイテム、97%以上植物由来原料、エタノールフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー、石油系合成界面活性剤フリー、合成香料フリー、合成着色料フリー、動物由来原料不使用など、効果に妥協せずネガティブな要素を排除した低刺激処方を追求した。クリエルティーフリーや、パッケージにはバイオペットやリサイクル可能な素材を採用する。

 「ユアンジュ」は「you」と「angel」の造語で、2018年9月に誕生したスキンケアブランド。「明日のかわいいは夜仕込む」をコンセプトに睡眠不足の現代女性に向けて展開してきた。発売以降、公式オンラインショップでは入荷後即完売するほど人気の人気を獲得。今回が初めてのリブランディングで、小売店での展開も初となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら