ビューティ

ヘアケアブランド「オージュア」に新ラインが登場 ブリーチヘア特有の硬さとゴワつきをケア

 美容室向けヘア化粧品メーカーのミルボンは、ヘアケアブランド「オージュア(AUJUA)」から新ライン「リペアリティ」を全国の取り扱いサロンで2月10日に発売する。“シャンプー”(250mL、3500円)、“ヘアトリートメント”(250g、4500円)、“スーペリアエッセンス”(100mL、3800円)の3アイテムをそろえる。

 「リペアリティ」はブリーチヘア特有の悩みである“スカスカ”感だけでなく硬さやゴワつきにも着目。最新のタンパク質化学の視点から、毛髪内タンパク質のブリーチによる変化を解明し開発した。独自の毛髪補修成分MX-CMADKを配合し、ブリーチによって髪から抜けたタンパク質を補いとどめる。また髪に残ったタンパク質をケアするニーム葉エキスも配合し、やわらかな質感へと導く。

 商品開発部オージュアブランド企画室の坂内里英氏は「直近3年以内のブリーチの有無を調査したところ、41%が“ある”と回答した。全頭ブリーチだけでなくハイライトやグラデーション、インナーカラーなどデザインカラーの人気が上昇し、幅広い年代の女性に受け入れられている。しかしデザインカラーを楽しむようになった一方で、ブリーチによる髪のダメージが顕在化した。通常のヘアカラーよりもダメージが大きく、毛髪が硬くなる、ごわつくというブリーチ特有の悩みを解決したいと考えた」と話す。

 「オージュア」は日本女性の“今と未来の美しい髪を創るブランド”として2010年に誕生した。美容師向けの認定制度「オージュアソムリエ」や、日本の最先端テクノロジーの活用、サロンケアからホームケアまでそれぞれの顧客に寄り添った「パーソナルヘアケアプログラム」の提案といった独自の3つのメソッドでさまざまな髪の悩みに対応している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら