ビューティ

ヘアメーカーのミルボン19年12月期売上高は前期比7%増の362億円 ヘアケアとヘアカラーが好調

 ヘアメーカーのミルボンの2019年12月期連結決算は、ヘアケア製品やヘアカラー剤の売り上げが伸長し、売上高が前期比7%増の362億円、営業利益が同7.8%増の67億円、経常利益が同7.2%増の62億円、純利益が同0.5%増の45億円だった。

 部門別の売り上げでは、構成比の58%を占めるヘアケアは人気のプレミアムヘアケアブランド「オージュア(AUJUA)」の新製品発売などがあり、同5.5%増の213億円と伸長。「オージュア」ブランドのみの売り上げは同11%増の74億円と好調だった。染毛剤(ヘアカラー)は、18年に発売した「オルディーブ アディクシー」が大きく伸長し、同9.6%増の129億円。パーマネントウェーブ用剤は同1.9%減の15億1000万円、19年12月期からスタートした化粧品は1億6500万円だった。

 20年12月期は、売上高が同7.5%増の390億円、営業利益が同8.1%増73億円、経常利益が同7%増の66億7000万円、純利益が同4.7%増の47億円と予想する。またコーセーと共同で取り組んでいる化粧品ブランド「インプレア(IMPREA)」は20年12月期にさらに注力していく予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら