ビジネス

BLACKPINKのLISAが若手の登竜門ANDAM賞の審査員に フィービー・ファイロも参加

 フランス国立モード芸術開発協会が主催する「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award以下、ANDAM)」は、2021年度の審査員の1人に人気韓国アイドルグループBLACKPINKのLISAを選んだ。他にも中国の歌手クリス・リー(Chris Lee)やカービー・ジーン・レイモンド(Kerby Jean-Raymond)「パイヤー モス(PYER MOSS)」デザイナー、フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)前「セリーヌ(CELINE)」クリエイティブ・ディレクターも招聘。フィービーがファッションシーンに登場するのは17年に「セリーヌ」を去って以来だ。

 審査員には他にも、フランスの歌手兼俳優のルー・ドワイヨン(Lou Doillon)、フォトグラファーのユルゲン・テラー(Juergen Teller)と彼のクリエイティブ・パートナーのドヴィレ・ドリザイト(Dovile Drizyte)、アントワープ王立芸術学院のリンダ・ロッパ(Linda Loppa)名誉教授、投資家であり起業家でもあるナタリー・マセネット(Natalie Massenet)、アマゾン(AMAZON)のサリー・シンガー(Sally Singer)=ファッション・ディレクション責任者、スタイリストのマリー・シェー(Marie Chaix)、スタイリスト兼「M ル・モンド( M Le Monde)」エディターのスザンヌ・コラー(Suzanne Koller)、「ヴォーグ・ドット・コム(VOGUE.com)」エディターのチオマ・ナディ(Chioma Nnadi)、インスタグラムではPam Boyとして知られる「パーフェクト・マガジン(The Perfect Magazine)」エディターのピエール・マペーレ(Pierre M’Pele)が参加する。

 審査員長を務めるのは、セドリック・シャルビ(Cedric Charbit)=バレンシアガ社長兼最高経営責任者(CEO)。21年度のANDAMに向けて、「審査員はさまざまな分野から構成されており、今日のクリエイティビティーを多面的に表す面々だ。これからを担う才能の発掘に、大きく役立つだろう。審査員はそれぞれの功績だけでなく、時代に変化を与えた刺激的な存在ということから選んだ。参加を決めてくれて感謝している」と語った。

 今回から賞金を25万ユーロ(約3100万円)から30万ユーロ(約3800万円)に引き上げ、審査員はリモートで参加する。エントリーは4月27日まで募集しており、結果は5月末に発表する予定だ。

 なお、20年度のANDAMは新型コロナウイルスの感染拡大によって苦戦を強いられているファッション業界の状況をふまえ、「ファミリー ファンド アワード」という特別な賞を設置。過去の受賞者またはファイナリストに焦点を当て、「マリーン・セル(MARINE SERRE)」と「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」に授与した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら