ビューティ

「M・A・C」のアンバサダーにBLACKPINKのLISAが就任 ビジュアルで使用したアイテムも公開

 「M・A・C」は新グローバルアンバサダーにBLACKPINKのLISAを起用した。LISAは今後、ブランドのビジュアルに登場する予定で、K-POPアイドルがアンバサダーに抜擢されるのは初めて。

 今回のコラボレーションは、常に創造性と専門性を追求しているブランドと、LISAの音楽やビューティ、ファッションのトレンドセッターとしての価値観がマッチしたことから生まれたという。

LISAはアンバサダーに就任したことについて「私は『M・A・C』の大ファンで、長年製品を愛用しています。キャンペーンビジュアルや世界中のファッションウイークのバックステージでメイクアップアーティストが創り出す素晴らしいメイクルックを見ると、改めて『M・A・C』は最新トレンドを発信しているブランドだと気づかされます。そんなブランドのパートナーになることに誇りを感じています」とコメント。

 また、メイクは幼いころから興味があったという。「私は幼い頃からメイクとファッションが好きでした。本格的にメイクに興味を持ったのは、デビュー後でしょうか。新しいアルバムのリリースや雑誌の撮影には、メイクアップアーティストと協力しながら、自分が試してみたいメイクを提案しています」。普段はナチュラルなメイクを好むといい、「カジュアルに過ごす日は、ナチュラルなメイクをします。シンプルなベースメイクに、血色感を足すために少し大胆な色味のリップカラーで仕上げます。特にリップメイクは、唇の中央からタッピングして自然にグラデーションをつけて、ぼかすように仕上げるのが好きです」と話した。

 なお、今回のビジュアルでLISAが身につけているメイクは、LISAのお気に入りのカラーであるパープルをメインに用いたルックだ。ベースに“スタジオ フィックス フルイッド SPF 15”、目元には目頭に“スモールアイシャドウ”の“エスプレッソ”を入れ、次に“同ダーク ルーム”を目のきわに沿って塗った。その後にグリッターのアイシャドウ“ダズルシャドウ リキッド”の“ダイヤモンド クランブルズ”と“ノット アフレイド トゥ スパークル”、“パンサータイズド”を重ね、黒のリキッドアイライナー“ブラシストローク ライナー ブラシブラック”で仕上げた。最後に頰骨と鼻の高い位置にピーチピンクのハイライター“エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ ショー ゴールド”を入れ、リップはマットタイプの“パウダー キス リップスティック マル イット オーバー”を使用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら