ファッション

「セリーヌ」がBLACKPINKのLISAをキャンペーンビジュアルに初起用 エディ・スリマンが昨年6月に撮り下ろし

 「セリーヌ(CELINE)」は6月21日、K-POPグループBLACKPINKのLISAを初起用したキャンペーンビジュアルを公開した。撮影を手掛けたのはエディ・スリマン(Hedi Slimane)=アーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターで、LISAが初めて「セリーヌ」のショーに来場した2019年6月にパリで撮影されたものだ。

 LISAが起用されたのは、シーズンがない定番ライン“セリーヌ エッセンシャル(CELINE ESSENTIALS)”のキャンペーンで、このラインにはデニムやライダースジャケット、トリオンフスニーカーやアルファベットネックレスなどのアイテムがある。エディはミュージシャンを自身で撮影し、たびたび「セリーヌ」の公式インスタグラムに掲載しているが、K-POPアーティストをビジュアルに起用したのは今回が初めて。

 LISAはエディが18年に同ブランドで初めて手掛けたバッグ“セーズ(16)”をレディ・ガガ(Lady Gaga)やアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)らとともに世界で初めて手にしたスターの一人で、19年6月の「セリーヌ」20年春夏メンズコレクションと9月の20年春夏コレクションのランウエイショーに来場しているほか、11月にエディが撮影した自身の写真をインスタグラムで披露していた。LISAは撮影や舞台衣装、空港ファッションでもたびたび「セリーヌ」を着用しており、6月26日にリリース予定のBLACKPINKの新曲「How You Like That」のティーザービジュアルの一つでも「セリーヌ」を着用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら