ファッション

「ディオール」から新バッグ“カロ”登場 新木優子やBLACKPINKのJISOOの着用画像も公開

 マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)による「ディオール(DIOR)」はこのほど、新アイコンバッグ“ディオール カロ”を発売した。2021年プレ・スプリング・コレクションで発表されたもので、同ブランドの公式ECサイトや直営店で販売している。

 柔らかくしなやかなカーフレザーを丁寧にカッティングし、メゾンを象徴する“カナージュ(格子)”パターンを繊細に再現するために、キルティングの工程だけで約1万8000針ものステッチが施されている。バッグの内側にはゴールドの“Christian Dior”シールが付き、メタルのCDシグネチャー、チェーン、クラスプが取り付けられている。

 サイズはSとLの2サイズで、カラー展開はブラックやグレー、ベージュ、アイボリー、スカイブルー、ミントグリーン、ピンクなど。スモールバージョンではデニムのほか、21年プレ・スプリング・コレクションに登場したタイダイ柄も用意する。また、ショルダーストラップを変えてさまざまなルックを楽しむこともできる。価格は37~48万円。

 ジャパンアンバサダーである新木優子のほか、BLACKPINKのJISOO、ぺ・スジ(Suzy)、アンジェラベイビー(Angelababy)、ルーシー・ラモス(Lucy Ramos)、マリア・バカロワ(Maria Bakalova)、シンシア・サミュエル(Cynthia Samuel)ら、同ブランドと親交が深いセレブリティも“ディオール カロ”を着用した写真を公開した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら