ファッション

「ビーツ」×「フラグメント」のコラボイヤフォン 藤原ヒロシが“シンプルを極めたかった”その理由とは?

 アップル(Apple)傘下の「ビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr. Dre以下、ビーツ)」はこのほど、藤原ヒロシの「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とコラボしたワイヤレスイヤフォン“パワービーツ プロ(POWERBEATS PRO)”(2万4800円)を発売した。「ビーツ」と「フラグメント」がコラボするのは2014年以来の2度目。今回はブラックを基調に無駄をそぎ落としたシンプルなデザインで、片方のイヤーパッドに「フラグメント」の稲妻モチーフを、もう片方にブランドネームをあしらった。ルックブックにはハードル・短距離選手のシドニー・マクラフリン(Sydney McLaughlin)を起用し、未来感と退廃的なムードから「フラグメント」の美学を表現したという。アップルミュージック(APPLE MUSIC)では発売を記念したプレイリストも公開している。コラボについて、藤原ヒロシにメールインタビューした。

 なお、アップルオンラインストア、「ゴッドセレクションXXX(GOD SELECTION XXX)」の原宿旗艦店、ドーバーストリートマーケットギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で取り扱っており、アップルオンラインストアではすでに完売している。

WWD:2014年以来となる「ビーツ」とのコラボレーションについて、率直な感想を教えてください。

藤原ヒロシ(以下、藤原):「ビーツ」は普段からいつも使っているので嬉しいです。

WWD:今回“パワービーツ プロ”を選んだ理由は?

藤原:先方からのリクエストがあり、僕もこれを使ってみたかったので。

WWD:デザインのポイントと最もこだわった部分は?

藤原:色変更とか、いくつかサンプルを作って何か特別になるようにやってみたんですが、結果的にシンプルな黒が一番よかった。既存のモデルにロゴをプリントしているだけとか、サボっているとか思う人もいるかも知れませんが、自分が一番使いたいのはこれでした。

WWD:オーディオ製品をデザインする上での難しさとは?

藤原:いろいろ規制もあるので、オーディオ製品のデザインはかなり難しいんじゃないですかね?

WWD:「ビーツ」の優れていると思う点は?

藤原:使いやすい。いつも身につけられるという点。

WWD:今後の「ビーツ」とのプロジェクトの予定。また、やってみたいことがあれば教えてください。

藤原:シンプルでウエアラブルなイヤフォンが僕には必要なので、また機会があればぜひ何か作りたいです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら