フォーカス

「組織から個人の時代に、循環ビジネスの時代が来る」 遠山正道スマイルズ社長

有料会員限定記事

 スマイルズ(SMILES)は、スープストック トーキョーや(SOUP STOCK TOKYO)ネクタイ専門ブランド「ジラフ(GIRAFFE)」、セレクトリサイクルショップのパス ザ バトン(PASS THE BATON)など業種を問わずさまざまな事業を運営している。そのほかコンサルティングやプロデュースも行うなど多岐にわたり活動する遠山正道スマイルズ社長に、ポストパンデミックについて聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年6月15日号からの抜粋に加筆しています)

WWD:業界問わずさまざまな活動を行っているスマイルズとは?

遠山正道スマイルズ社長(以下、遠山):スマイルズはある意味で、一人一人の興味の集合体といってもいいだろう。社員各自が自分ごとで前を向いて仕事をしている。だから、企業としていろいろな表情があり、それが強みだと思っている。出資してもらうという企業価値も大事だが、社員一人一人が興味に正直に、いいと思ったことを価値観に沿って行い、それが共感を得ている。ビジネスとして成功することは大変だが、自分たちの軸を持って前進するだけで、外部の事情では動かない。利益だけでなく、自分たちが信じる価値を提供できれば、株主はついてくるはずだ。

この続きを読むには…
残り2095⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む