ファッション

「カルティエ」擁するリシュモンの会長が予測する消費動向の変化

有料会員限定記事

 「カルティエ(CARTIER)」「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」「ピアジェ(PIAGET)」「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」などの宝飾・高級時計ブランドや「クロエ」「ダンヒル」などを擁するコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINACIERE RICHEMONT以下、リシュモン)は、2020年3月通期決算を発表した。決算発表会にはヨハン・ルパート(Johann Rupert)会長がおよそ18カ月ぶりに登壇し、新型コロナウイルスの影響がもたらす消費動向の変化や今後の展望などについて語った。(この記事はWWDジャパン2020年6月8日号からの抜粋です)

 同社の2020年3月通期は売上高が前期比1.7%増の142億ユーロ(約1兆6898億円)だったが、新型コロナウイルスが発生した20年1~3月で見ると前年同期比18%減となった。ルパート会長は、「まさかこのようなパンデミックが起きるとは予想していなかったが、いずれは景気が悪化することを見越して数年前から準備していたことが幸いし、当社の財務状況は健全だ。手元資金は24億ユーロ(約2856億円)もある」と述べた。

この続きを読むには…
残り2420⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら