ファッション

「カルティエ」擁するリシュモンの会長が予測する消費動向の変化

有料会員限定記事

 「カルティエ(CARTIER)」「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」「ピアジェ(PIAGET)」「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」などの宝飾・高級時計ブランドや「クロエ」「ダンヒル」などを擁するコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINACIERE RICHEMONT以下、リシュモン)は、2020年3月通期決算を発表した。決算発表会にはヨハン・ルパート(Johann Rupert)会長がおよそ18カ月ぶりに登壇し、新型コロナウイルスの影響がもたらす消費動向の変化や今後の展望などについて語った。(この記事はWWDジャパン2020年6月8日号からの抜粋です)

 同社の2020年3月通期は売上高が前期比1.7%増の142億ユーロ(約1兆6898億円)だったが、新型コロナウイルスが発生した20年1~3月で見ると前年同期比18%減となった。ルパート会長は、「まさかこのようなパンデミックが起きるとは予想していなかったが、いずれは景気が悪化することを見越して数年前から準備していたことが幸いし、当社の財務状況は健全だ。手元資金は24億ユーロ(約2856億円)もある」と述べた。

この続きを読むには…
残り2420⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら