ビューティ

エスティ ローダーの取締役がトランプサポーターだとして辞任を求められる 6000人以上が賛同

 エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)のロナルド・ローダー(Ronald Lauder)取締役は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のサポーターだとして社内から辞任を求められている。ロナルドは創業者のエスティ・ローダー(Estee Lauder)の息子の一人で、現職に就いてからトランプ大統領に175万ドル(約1億9075億円)以上を寄付しているという。

 このことに関して社員が嘆願書を提出し、今はオンラインで抗議活動の署名・賛同などを集められる「change.org」に専用ページができている。6月11日時点で6000人以上が賛同している。内容は、ロナルド氏の取締役会からの辞任と、警察による暴力を受けた被害者や黒人コミュニティーに対して500万ドル(約5億4500万円)の寄付を求めるもの。同社はこれまで、黒人コミュニティーに対して100万ドル(約1億900万円)を寄付してきた。

 これに対し会社は「われわれは従業員を会社の中心に置き、大切な存在だと考えている。今週、社員から取締役の一人の政治的スタンスが、会社そのものと同様なのかどうかを聞かれたが、答えは“NO”だ。政治に関する意見やスタンスは人それぞれで、一人の社員の見解が会社を代表するものではない。会社として重要視しているのは、創業当時から掲げている3つの価値、すなわち尊敬、平等、インクルージョン(包括性)だ」と発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら