ビューティ

エスティ ローダーの取締役がトランプサポーターだとして辞任を求められる 6000人以上が賛同

 エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)のロナルド・ローダー(Ronald Lauder)取締役は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のサポーターだとして社内から辞任を求められている。ロナルドは創業者のエスティ・ローダー(Estee Lauder)の息子の一人で、現職に就いてからトランプ大統領に175万ドル(約1億9075億円)以上を寄付しているという。

 このことに関して社員が嘆願書を提出し、今はオンラインで抗議活動の署名・賛同などを集められる「change.org」に専用ページができている。6月11日時点で6000人以上が賛同している。内容は、ロナルド氏の取締役会からの辞任と、警察による暴力を受けた被害者や黒人コミュニティーに対して500万ドル(約5億4500万円)の寄付を求めるもの。同社はこれまで、黒人コミュニティーに対して100万ドル(約1億900万円)を寄付してきた。

 これに対し会社は「われわれは従業員を会社の中心に置き、大切な存在だと考えている。今週、社員から取締役の一人の政治的スタンスが、会社そのものと同様なのかどうかを聞かれたが、答えは“NO”だ。政治に関する意見やスタンスは人それぞれで、一人の社員の見解が会社を代表するものではない。会社として重要視しているのは、創業当時から掲げている3つの価値、すなわち尊敬、平等、インクルージョン(包括性)だ」と発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら