フォーカス

洗練の極み パリ発ショコラティエによるバレンタインギフト

 毎年この季節になると、世界中からショコラティエが日本に集まってくる。その中から、バレンタインデー用ギフトにふさわしいパリ発ショコラティエ3つをチョイス。それぞれのショコラティエの技が凝縮された新作ショコラをはじめ、オリジナリティーあふれるパッケージなどを紹介する。

JEAN-PAUL HEVIN
キスやフレンチカンカンで表現する“フレンチ タッチ”

 「ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HEVIN)以下、エヴァン」は、日本国内の高級チョコレートブームの火付け役として注目を浴びている。照明を落としたシックな「エヴァン」のブティックはジュエラーさながら。そんな空間でカカオへのこだわりと独特の美的センスが光る宝石のようなショコラを提案している。今季は「フレンチ タッチ(FRENCH TOUCH)」をテーマに、キスマークやフレンチカンカンを描いた華やかなボックスでフランスらしさを表現。

 定番の他、特別限定フレーバーとして、ジンジャーの辛味がアクセントの“キス フロム ジャポン”やターメリックを利かせたハート型の“クール レ ルージュ”、フランボワーズに四川山椒が隠し味の“ムーラン”など、10つの限定ボンボンショコラが登場した。

 それらの詰め合わせをはじめ、フレンチカンカンを踊るダンサーをあしらった“タブレットノワール カンカン”やトリュフの詰め合わせ“ボワットゥ トリュフ ドゥ トリュフ”、粒々のショコラを満たした缶にリップ型のショコラを詰め合わせた“ボワットゥ モナムール”など幅広いラインアップだ。

 価格(全て税込み)はボンボンショコラが各452円、キスマーク(フレンチ キス)またはフレンチカンカン(カンカン)の詰め合わせが2841~7597円(6~19個入り)。タブレットは897円、トリュフの詰め合わせが3500~3991円など。2月14日まで、「エヴァン」全ブティックおよびオンラインブティック、全国一部百貨店の催事店舗で販売する。