ファッション

グルメの舌をうならせる 大人のための傑作バレンタイン・ギフト

ラ・メゾン・デュ・ショコラ
チョコレートにキャビア&ウォッカの情熱的マリアージュ

 キャビアといえば、トリュフ、フォアグラとともに世界3大珍味と呼ばれる高級商材だ。キャビア(チョウザメの卵)とチョコレートの組み合わせを想像できる人がいるだろうか?ショコラの概念を覆すクリエイションで知られる「ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)以下、メゾン・デュ・ショコラ」は、フランスの高級食材ブランド「ペトロシアン(PETROSSIAN)」とコラボレーションで“キャビア&ウォッカ(CAVIAR & VODKA)”を昨年10月に発売した。ペトロシアンは1920年にパリで創業したキャビアの老舗だ。原料以上に優れた製品に仕上げるキャビアロローグ(キャビアの専門家)による最高級のキャビアを提供する贅沢品のアンバサダー的な存在だ。

 この特別なショコラはメゾン・デュ・ショコラのシェフ・パティシエ・ショコラティエのニコラ・クロワゾー(NICOLAS CLOISEAU)とペトロシアンのアルマン・ペトロシアン(ALMAND PETROSSIAN)CEO二人の“味わい”に対する共通の信念と情熱で誕生した。“キャビア”に使用されているのはバターやナッツのような味わいが特徴のオシェトラ。キャビアの粒入りガナッシュのコクとミネラルを感じるノートがキャビアを混ぜ込んだヘーゼルナッツとアーモンドのプラリネのナッティーなアクセントと競い合う。そしてバターのような余韻に続き、最後にキャビアの潮を感じる深い味わいが特徴。その味わいを引き立てるのが純度の高いプレミアムウオツカ入りのダークガナッシュの“ウォッカ”だ。ウオツカがフローラルで優しいアロマを引き出し、はじけるような甘酸っぱいノートが口の中に広がる。

 この2種類の突飛な組み合わせが生み出す新たなマリアージュはグルメ必見。価格は6350円(20粒入り)で、3月末まで全国の「メゾン・デュ・ショコラ」直営店およびオンラインブティックで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら