フォーカス

東コレのランウエイを歩いた松井愛莉 10代最後のモードへの挑戦

 「東コレを歩きたい」——「レイ(Ray)」専属モデルで女優としても活動する松井愛莉は20歳を迎えた2016年、夢だったモードの世界への一歩を踏み出した。目標にしていた10月の2017年春夏シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」(以下、AFWT)では、「ウジョー(UJOH)」「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」の2ブランドのランウエイに出演。赤文字系の雑誌専属モデルで身長171cmと、コレクション・ランウエイの舞台において決して王道でないタイプの彼女が目標をかなえた裏には、きちんとした道筋があった。まず年始に、16年の注目モデルとして「WWDジャパン」新年号の表紙に登場。3月の16-17年秋冬シーズンには、「トーガ(TOGA)」「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)」「ドレスキャンプ(DRESSCAMP)」など海外でも活躍するブランドの展示会を廻ってモードの世界観を研究したという。9月にはニューヨーク・コレクションに渡り「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」17年春夏コレクションを観て本場の空気にも触れた。その過程で学んだモードのエッセンスは私服にも影響しているようで、昨年「第14回クラリーノ美脚大賞」に輝いた股下87.2cmを誇る美脚の持ち主ながらに私服の大半はワイドパンツ姿、という自身のスタイルも築きつつある。「有言実行よりも、何も言わずに達成していく方が素敵だと思う」とモットーを話す彼女のモードへの心意気に迫るべく、衣装をセルフスタイリングしての撮影に臨んでもらい、私服のワイドパンツも披露してもらった。