ファッション

マッシュがフレンチシェフ植木将仁と西麻布にレストラン

 マッシュホールディングス傘下のマッシュフーズは、ワイナリーフレンチレストラン「アズール エ マサウエキ(AZUR et MASA UEKI)」を東京・西麻布に3月1日オープンする。米カリフォルニアの名門ワイナリーである「アズール・ワインズ(AZUR WINES)」とフレンチシェフの植木将仁がタッグを組んだ。

 同レストランは日本の優れた食材をフランス料理のテクニックで仕上げ、カリフォルニアワインが最大限に生きるように調理する。「リスペクト ジャパン」をテーマに、有田焼や会津の漆塗り、燕三条の金物などを使った皿やカトラリーを採用する。11料理のコースが1万2000円、13料理のコースが1万8000円など。

 アズール・ワインズは、2016年のベストワインメーカーに選出されたジュリアン・フェイヤード(Julien Fayard)が手掛けるワイナリー。ジュリアンは、仏プロヴァンスやラフィットなどのワイナリーで経験を積んだ後、カリフォルニア・ナパバレー クームズヴィルに魅了されて妻とともに移住した。12年からはナパで4ヘイクタールのワイナリーを手掛ける。

 金沢出身のフレンチシェフ、植木は地元・北陸の食材や特産品を使ったフランス料理を提供している。16年に日本で初めて出版されたフレンチ格付け本「ゴ・エ・ミヨ ジャポン」では20点満点中16点で3コック帽の評価を受けた他、同年に開催された世界料理学会においても日本代表のスピーカーシェフに任命された。

アズール エ マサウエキ(AZUR et MASA UEKI)
住所:東京都港区西麻布2-24-7 西麻布MAビルディング1F
営業時間:17:00〜23:30
定休日:日曜日

【関連記事】
■三越伊勢丹トランジットが表参道ヒルズにイタリアンダイニング

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら