ビジネス

「エルメス」が中国大手ECサイト「Tモール」に出店 香水やソープなどを販売

 中国最大手EC企業のアリババ(ALIBABA)が運営するECサイト「Tモール(TMALL)」に、「エルメス(HERMES)」が出店することが明らかになった。

 1月22日にオープンする同店では、香水、ボディーローション、シャンプー、ソープ、ギフトセットを販売する。価格はソープが250元(約4000円)、オードトワレが3490元(約5万5800円)など。開店記念として、オープンから一週間以内に香水を購入した顧客に香水のサンプルをプレゼントする。

 中国市場において、「エルメス」は2018年に自社ECサイトを立ち上げているほか、ウィーチャット(微信、WeChat)上のミニプログラムストアに出店しており、ウエア、シルクスカーフ、革小物、ファッションジュエリー、ウオッチ、シューズ、家具、ハンドバッグの一部など、ほぼフルラインを展開している。「Tモール」店が将来的に香水類以外も取り扱うかどうかは、現段階では不明だ。

 「エルメス」は中国市場で非常に人気が高く、20年4月に移転した広州市の旗艦店ではオープン初日に少なくとも1900万元(約3億400万円)を売り上げた。また中国の人気テレビドラマ「三十而已(Nothing But Thirty)」に登場するセレブ妻たちが“バーキン(BIRKIN)”や“ケリー(KELLY)”を持っていることから、放送時には中国版ツイッター(Twitter)のウェイボー(微博、WEIBO)やウィーチャットで「エルメス」のバッグが大きな話題となっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら