ビジネス

「エルメス」が中国大手ECサイト「Tモール」に出店 香水やソープなどを販売

 中国最大手EC企業のアリババ(ALIBABA)が運営するECサイト「Tモール(TMALL)」に、「エルメス(HERMES)」が出店することが明らかになった。

 1月22日にオープンする同店では、香水、ボディーローション、シャンプー、ソープ、ギフトセットを販売する。価格はソープが250元(約4000円)、オードトワレが3490元(約5万5800円)など。開店記念として、オープンから一週間以内に香水を購入した顧客に香水のサンプルをプレゼントする。

 中国市場において、「エルメス」は2018年に自社ECサイトを立ち上げているほか、ウィーチャット(微信、WeChat)上のミニプログラムストアに出店しており、ウエア、シルクスカーフ、革小物、ファッションジュエリー、ウオッチ、シューズ、家具、ハンドバッグの一部など、ほぼフルラインを展開している。「Tモール」店が将来的に香水類以外も取り扱うかどうかは、現段階では不明だ。

 「エルメス」は中国市場で非常に人気が高く、20年4月に移転した広州市の旗艦店ではオープン初日に少なくとも1900万元(約3億400万円)を売り上げた。また中国の人気テレビドラマ「三十而已(Nothing But Thirty)」に登場するセレブ妻たちが“バーキン(BIRKIN)”や“ケリー(KELLY)”を持っていることから、放送時には中国版ツイッター(Twitter)のウェイボー(微博、WEIBO)やウィーチャットで「エルメス」のバッグが大きな話題となっていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。