ファッション

「エルメス」強し! ラグジュアリーブランドの20年7~9月期決算まとめ

有料会員限定記事

 コロナ禍の影響でアパレルや小売業界は引き続き厳しい状況にあるものの、店舗の営業が再開された2020年7~9月期の業績は全体に回復傾向にある。ラグジュアリーブランドにおいても、20年4~6月期の売上高は前年同期比で軒並み40~60%減となっていたが、7~9月期は同10~30%減とかなり回復している。

 中でもエルメス・インターナショナル(HERMES INTERNATIONAL)は同4.1%増(現地通貨ベースでは6.9%増)となり、群を抜く強さを見せた。これにはアジア地域での好調ぶりが大きく寄与しており、欧州が同15.7%減、南北アメリカは同9.3%減となる中、日本を除くアジア太平洋地域は同25.2%増の8億1080万ユーロ(約997億円)、日本は同8.1%増の2億4430万ユーロ(約300億円)だった。以下、各社の最高経営責任者(CEO)らのコメントも交えて紹介する。

この続きを読むには…
残り2083⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら