ファッション

株価も爆騰、1200億円をアリババ・リシュモン・ケリング創業家から調達したファーフェッチ、ウルトラC提携の裏側

有料会員限定記事

 ファーフェッチの株価が爆騰している。4月に7ドル(約728円)を切っていた株価は、直近では50ドル(約5200円)に迫り、時価総額は150億ドル(約1兆5600億円)に達している。コロナ下でも計画以上に業績が拡大していることに加え、11月5日にラグジュアリーコングロマリットのリシュモンと中国最大のEC企業アリババから、合計11億ドル(約1144億円)という巨額の資金を取り付け、フランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)=ケリング(KERING)会長兼CEO一族の投資会社アルテミス(ARTEMIS)も5000万ドル(約52億円)の出資を発表したことが大きい。欧州ラグジュアリーコングロマリット2強とアリババとJDドットコムという中国ECのジャイアント2社、それぞれと提携する、まさにミラクルなラグジュアリーシンジケートが出現した。その背景とは?(この記事はWWDジャパン2020年11月23日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り3137⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら