ビジネス

ケリングの新オフィスが表参道に サステナビリティ関連のイベントなど開催

 ケリング ジャパンはこのほど、日本の新本社を東京・表参道の「トッズ(TOD'S)」跡地にオープンした(東京都渋谷区神宮前5-1-5)。

 2004年に建設された同ビルはプリツカー建築賞受賞建築家の伊東豊雄がデザインを手掛け、表参道のけやき並木のシルエットと外周を囲い込むユニークなファサードが特徴だ。

 新本社の内装は建築家のファラ・タライエ(Fara Taraie)が手掛けた。4フロアがオフィススペースで白を基調に和の色を組み合わせ、障子や縁側など日本の伝統的家屋の要素も取り入れた。また環境に配慮し、天然素材やリサイクル素材を多用。さらに同社が取り組むアートやカルチャー界における女性への支援活動の一環として、オフィス内には女性作家によるアート作品も随所に展示した。

 6階はグループブランドのためのイベントスペースで、10月にはケリング主催のカンヌ国際映画祭公式プログラム「ウーマン・イン・モーション(Women In Motion)」を開催したほか、今後はサステナビリティ関連の講演やイベントを開催する。

 2021年には「ボッテガ・ヴェネタ」の新たな旗艦店が1~3階スペースにオープンする予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら