ファッション

「ザラ」が初のランジェリーコレクション ボディースーツやシルクのパジャマなども

 スペインを拠点とする「ザラ(ZARA)」は22日、ランジェリーコレクションを発売する。ブラやショーツ、ボディースーツ、パジャマ、Tシャツ、レギンスから、アイマスクやカシミヤの靴下といったアクセサリーなど125商品をそろえる。価格はショーツが17.90ドル(約1800円)で、シルクのパジャマは199ドル(約2万円)。「ザラ」の公式サイトで取り扱う。

 メンズ、ウィメンズ、子ども服、アクセサリー、シューズなどを幅広く展開する「ザラ」は、初のランジェリーコレクションで「究極の着心地のためのデザインと製造方法を、洗練されたレースやサテン、チュールと組み合わせた。朝から晩まで着用することを前提に設計した、日常的な視点からのアプローチと並行して“女性らしさ”を追求している」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら