ファッション

時計業界もついにサステナビリティに本腰  手首の上の“小さくも偉大な一歩”の意味

有料会員限定記事

 数年前には考えられなかったことだが、今やファッション業界のサステナブル化は常識となっている。一方で、時計業界はこれに大きく後れを取った。時計が宝飾品同様ロマンを求める商材であることや精密機器ゆえのハードルの高さなどが要因だが、「スウォッチ(SWATCH)」や「トム フォード タイムピース(TOM FORD TIMEPIECES)」は“サステナブルウオッチ”の開発に本気だ。生産過程における大量の農薬や排水が地球を汚してきたアパレルに比べれば、直径4cmほどの時計が与える地球への負荷は元来小さい。しかし、問題はそこではない。“今、サステナビリティと向かい合うか否か”は企業の未来を占う。(この記事はWWDジャパン2020年10月19日号からの抜粋です)

 1983年に誕生して一大ブームを巻き起こし、カジュアルウオッチの象徴的存在になった「スウォッチ」は、従来プラスチック素材だったケースやベルトを植物由来の素材に置き換えた時計の販売を開始した。時計ブランドが量産体制において、植物由来の素材を用いるのはこれが初めてだ。使用するのはトウゴマという多年草の種子から抽出した2種類のバイオ素材で、パッケージもジャガイモとタピオカのデンプンを原料に作られており、古紙としてリサイクルすることはもちろん、自宅のコンポストなどで生分解することもできる。

この続きを読むには…
残り2551⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら