ファッション

「トム フォード」が海洋プラスチックごみを再利用した時計を11月に発売

 「トム フォード タイムピース(TOM FORD TIMEPIECES)」は、海洋プラスチックごみを再利用した時計“トム フォード・オーシャン プラスチック・タイムピース”を11月に発売する。日本を含めた世界各地の直営店および公式オンラインストアで995ドル(約10万5400円)で販売する予定だ。

 同モデルは海洋プラスチックごみ問題に取り組むメーカーと共同開発したもので、ごみが回収された場所も明確にするという。素材となる海洋プラスチックごみの輸送もカーボンニュートラル(二酸化炭素排出ゼロ)に努め、スイスで生産する際にも太陽エネルギーを使用する。パッケージも全て再生可能なものにする。

 デザイナーのトム・フォードは、「『トム フォード』のファンは知的で、地球が直面する問題とわれわれの責任について高い意識を持っている。持続可能なライフスタイルが大きな課題となっている中、人間が排出する大量の海洋プラスチックごみは環境に大きな被害をもたらしている。現在、年間800万t以上のプラスチックごみが海洋に流出しており、“トム フォード・オーシャン プラスチック・タイムピース”の選択がそれを回避する一案となればと願う」と話す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら