ファッション

海洋プラスチックごみから作られる高級時計 トム・フォードが語る“倫理的なぜいたく”の真意

有料会員限定記事

 「トム フォード タイムピース(TOM FORD TIMEPIECES)」は、海洋プラスチックごみを再利用した時計“トム フォード・オーシャン プラスチック・タイムピース”を2020年12月初旬に発売した。さらにこれに合わせて、環境保護団体と組んで新たなプライズを創設。レジ袋などに使われる薄膜プラスチックの代替素材を開発した人に100万ドル(約1億円)の賞金を授与するという。アジアで唯一の単独インタビューの機会を得て、トム・フォード本人に“世界初の海洋プラスチックごみ製高級時計”を作った意図、プライズを足掛かりに描くサステナブルな未来について聞いた。(この記事はWWDジャパン2021年1月4・11日合併号からの抜粋です)

WWDジャパン(以下、WWD):“トム フォード・オーシャン プラスチック・タイムピース”は製品そのものにとどまらず、素材となる海洋プラスチックごみの輸送をカーボンニュートラル(二酸化炭素排出ゼロ)に努めたり、スイスで生産する際にも太陽エネルギーを使用するなど、取り組み全体をサステナブル化している。今後、サステナブルなプロジェクトの設計もデザイナーの務めとなるのか?

トム・フォード「トム フォード」デザイナー(以下、トム):デザイナーとしての私の責務は、時を経ても変わらない真のラグジュアリー製品をお客さまに提供することだ。私は“倫理的なぜいたく”こそ最大のぜいたくだと考えている。海洋汚染は、現在世界が直面している最大の問題の一つだ。2050年までに、海には魚よりプラスチックが多くなるとの試算もある。海洋プラスチックごみを用いて時計を製作することで、われわれは積極的に海の浄化を支援し、リサイクルプロセスの一端を担いたかった。しかし私は、もう一歩前進したい。なぜなら毎年900万tのプラスチックごみが海に流入している事実を目の当たりにして、リサイクルが長期的な解決策ではないと感じ、私自身がソリューションになりたかったからだ。そこで非営利環境保護団体ロンリー・ホエールと提携して“トム フォード プラスチック イノベーション プライズ”を創設し、レジ袋などに使われる薄膜プラスチックの代替となる大量生産可能な新素材を開発した人に100万ドル(約1億円)の賞金を授与することにした。25年には当該製品を市場に投入する予定だ。

WWD:“トム フォード・オーシャン プラスチック・タイムピース”のデザインが非常にシンプルで驚いたが、意匠に込めた思いとは?

この続きを読むには…
残り1884⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。