ファッション

「トム フォード」の海洋プラスチックごみ再生時計から初の自動巻き バリエーションもカラフルに

 「トム フォード タイムピース(TOM FORD TIMEPIECES)」は、海洋プラスチックごみを再生する時計シリーズから、初の自動巻きモデル“トム フォード オーシャンプラスチック スポーツ タイムピース”を発売した。スイス製で、価格は税込各24万9700円。既存モデルがオールブラックだったのに対して、ケースにホワイトが初登場し、ベルトもブルー、オレンジ、イエローとカラフルにそろえるのが特徴だ。直営店(一部)と百貨店、時計専門店、オンラインストアで販売している。

 既存モデル同様、ケースに使用するのは海洋プラスチックごみ100%で、回収した場所も明記する。輸送はカーボンニュートラルで、製造も太陽エネルギーによって行われる。

 ファッション業界でも使われるレジ袋(薄膜プラスチック)は、海洋にある約1400万tのプラスチックの46%を占めると言われており、同ブランドは「これらを事実上除去することは不可能だが、われわれは非営利の環境保護団体ロンリー・ホエール(LONELY WHALE)とパートナーシップを組み、薄膜プラスチックの代替となる大量生産可能な新素材の開発を目的とした“トム フォード プラスチック イノベーション プライズ”を創設するなど、プラスチック汚染との戦いの歴史的転換点に向けてグローバルコミュニティーをけん引している」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら