ファッション

TGCが韓国ファッションのEC 「ディーホリック」と協業

 「東京ガールズコレクション(以下、TGC)」を運営するW TOKYO(東京、村上範義社長)はこのほど、ライフスタイル通販「ディーホリック(D HOLIC)」を運営するDHOLIC FBL(東京、李東桓社長)と協業し、韓国のトレンドファッションを扱うEC「トーキョー ガールズ マーケット(TOKYO GIRLS MARKET、以下TGM)」をスタートした。

 近年の「TGC」は韓国ファッションへの注目度を高めており、韓国アパレル通販の「イチナナキログラム(17KG)」などもランウエイショーに参加している。「TGM」のベータテスト(2021年10月〜)では、月間利用ユーザー数が約120万人前後まで伸長。好調を受けて本格ローンチを決めた。

 若者に影響力のある人気モデルやインフルエンサーらをディレクターとして起用し、彼女たちが「ディーホリック」と取引のあるソウルの東大門(韓国のファッションタウン)に拠点を構える約1000ブランドから商品を選んで仕入れる。商品群は「トップス」「ボトムス」といったカテゴリー別ではなく、身長別(146〜155cm、156〜160cm、161〜165cm、166〜170cm)、スタイル別(カジュアル、フェミニン、トレンディ、ガーリー)で編集し、自分と似た体形やテイストのインフルエンサーの着用画像を参考に商品を選ベるようになっている。

 本格ローンチにあたり、ディレクターは既存の60人に加え、モデルの近藤千尋、インフルエンサーのミチ、モデルの三戸なつめ、武智志穂、南部桃伽ら43人を新たに迎えた。

 「TGC」との連動企画による相乗効果も狙う。EC内ではディレクターのファン投票(〜1月31日)を実施し、得票数1、2位は3月21日に東京・代々木で開催されるTGCへの出演権を得る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら