ファッション

「タグ・ホイヤー」と藤原ヒロシの「フラグメント」コラボ第2弾が発売

 「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は、藤原ヒロシの「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」と2018年以来となる2度目のコラボレーションを発表した。“タグ・ホイヤー × フラグメント デザイン キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ”と名付けられた腕時計を7月下旬に500本限定で発売する。特製ボックス入りで、価格は66万円。

 第2弾となる今回は、1960~70年代の「タグ・ホイヤー」のモーターレーシングに使用されていた“Cケースモデル”を再解釈した。ケースサイズは44mmと第1弾コラボに比べてやや大ぶりだが、時計の構造を最低限まで細かく削って、ベゼルの象徴的なタキメータースケールを強調するなど、過剰な装飾を排除。ブラックオパーリンダイヤルには、3時と9時位置にブラックエンボスサブカウンターを、6時位置にシンプルな日付けウインドウを備えている。シックなダイヤルに、ポップな印象を与えるレッドインデックスとレッドラッカーを施した針が特徴だ。

 ケースバックには、レッドサファイアクリスタルを採用しており、タグ・ホイヤー製ムーブメントの“ホイヤー 02”を覗くことができるスケルトン仕様。「フラグメント デザイン」のサンダーマークを大きく施すほか、1から500までのシリアルナンバーも刻印する。ブレスレットは、バタフライフォールディングバックルを備えたステンレススティール製5連ブレスレットを採用した。

 「タグ・ホイヤー」の公式オンラインブティックで先行発売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら