ファッション

藤原ヒロシの「フラグメント」が「タグ・ホイヤー」とコラボ 代表モデル”カレラ“を再解釈

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下の「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は、藤原ヒロシの「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とのコラボレーションモデル“タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02 バイ フラグメント ヒロシフジワラ”を11月20日の18時に発売する。国内では、エスパス タグ・ホイヤー表参道とオンラインストアで取り扱う。世界500本限定で、価格は87万円。

 同コラボモデルは、“ホイヤー カレラ”の1963年のオリジナルモデルをベースに、ビンテージウオッチからインスピレーションを得て、オリジナルデザインに仕上げた。自社製ムーブメントの“キャリバー ホイヤー 02”を搭載。ブラックダイヤルにラッカー仕上げのホワイト針を組み合わせ、3時位置にはクロノグラフの分表示、6時位置にはスモールセコンド、9時位置にはクロノグラフの時表示の3つのカウンターを配置。12時位置には「フラグメント」と「タグ・ホイヤー」のロゴマークを並べた。直径39㎜のステンレススチールケースは既存モデルより小ぶりなサイズ感。ケースバックはスケルトン仕様で「フラグメント」のロゴを大きく入れ、シリアルナンバーも刻印した。付け替えストラップとして、ブラックアリゲーターストラップとブラック&グレーのNATOストラップの2本を付属する。

 コラボレーションに関してLVMHの時計部門のトップ、ジャン・クロード・ビバー(Jean Claude Biver)会長は「藤原ヒロシは、アイコニックなモデルを再解釈するのに理想的なパートナーだ。彼には完全に自由にデザインしてもらったが、本当によかった」とコメント。また藤原も、「僕は既存モデルに人々が必ずしも期待していないモノを作った。僕が欲しいと思う新しい時計は多くないけれど、このモデルは欲しい」と語っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら