ファッション

路面電車で展示会 「アクオド バイ チャヌ」が都電荒川線の車両を貸し切り

 チャヌ(李燦雨)によるファッションブランド「アクオド バイ チャヌ(ACUOD BY CHANU)」は19日、都電荒川線の貸切電車の車内で2019年春夏コレクションの展示会を行った。今季は「Forever Thrilled」をテーマに“子どもの頃にワクワク、ドキドキして遊んだおもちゃ”からインスピレーションを得たことから、おもちゃのような外観の路面電車で、遊園地を通過する同電車での開催を決めた。また、ブランドを象徴するディテールの金属ファスナー「エクセラ(EXCELLA)」を提供するYKKのファスニング事業本部が同沿線の三ノ輪橋駅近くに東京営業所を構えていることも決め手になったという。

 移動型の展示会は約2時間限定で開催され、顧客とプレス関係者数人が乗車した。約60型のコレクションを乗せた車両は10時33分発の荒川車庫前駅からスタートし、途中三ノ輪橋駅と早稲田駅に停車後、12時36分に荒川車庫前駅に終着した。吊り革をハンガーレール、客席を棚として使い、今季を象徴するルックを着用したマネキンと鏡なども手すりに固定して設置した。都電荒川線の貸切車両は、誕生日や結婚式、撮影などで使われており、片道1万3820円で車両を借りることが可能。同車両が展示会会場として使用されるのは今回が初めてだという。

 チャヌは「コレクションの制作時から、テーマに合わせて電車の中で展示会を行うことを決めていた。僕が学生の頃から東京コレクションでショーを披露しているのは、ファッションが大好きで、業界を盛り上げたいと情熱を持っているから。ブランドは資本ゼロからスタートして、周りの人々の協力なしでは成り立っていない。助けていただいた方々へ恩返しができるように楽しいことを発信し続けたい」と語る。

 「アクオド バイ チャヌ」は韓国出身のチャヌが東京モード学園在学中の16年にスタートしたユニセックスブランド。17年春夏シーズンから東京ファッション・ウイークで継続的にファッションショーを発表している。ブランド名は、“Ace Creation Unisex Original Dress”の略称で、日本語の“同化”の文字を反対に並べた造語に由来する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら