フォーカス

19-20年秋冬東コレのランウエイを最も歩いたモデルは? TOP3を紹介

ファッションショーでは、ブランドの服や趣向を凝らした演出もさることながら、ランウエイを歩く多種多様なモデルもトピックスの1つだ。実力がある人気モデルや次代を担う注目モデルは、必然的に登場回数も増える。2019-20年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(AMAZON FASHION WEEK TOKYO以下、AFWT)」も例外ではない。モデル事務所のブラボーが、海外から招へいしたモデルを除いた女性モデルを対象に行った調査によると、今シーズンのAFWTは群雄割拠の様相を呈したようだ。本記事ではランキングのトップ3、計9人を紹介。モデルたちがランウエイを歩いたブランドのルックと共に振り返る。

1位:

けんだるえれな

ブラボー所属。日本とイギリスのハーフモデル。身長175cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ジェニーファックス(JENNY FAX)」、「マラミュート(MALAMUTE)」、「シュシュ / トング(SHUSHU / TONG)」、「コトハヨコザワ(KOTOHAYOKOZAWA)」、「サポート サーフェス(SUPPORT SURFACE)」、「アクオド バイ チャヌ(ACUOD BY CHANU)」、「アーネイ(ANEI)」の計7ブランド。

2位:

Tsugumi

ドンナ所属。身長175cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」、「アジアン ファッション ミーツ トウキョウ インドネシア(ASIAN FASHION MEETS TOKYO INDONESIA)」、「サポート サーフェス」、「サルダリーニ カシミヤフレークス バイ ウジョー(SALDARINI CASHMERE FLAKES BY UJOH)」、「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」の計5ブランド。

長田侑子

ホリデイ マネジメント所属。身長173cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ティート トウキョウ」、「コトハヨコザワ」、「パーミニット(PERMINUTE)」、「アクオド バイ チャヌ」、「エックス エスエムエル((X)S.M.L)」の計5ブランド。

森優菜

ズッカ所属。身長175cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ザ・ダラス(THE DALLAS)」、「アジアン ファッション ミーツ トウキョウ インドネシア」、「アクオド バイ チャヌ」、「コーシェ(KOCHE)」、「ウィシャラウィッシュ(WISHARAWISH)」の計5ブランド。

3位:

SHEN

イマージュ所属。中国出身。身長177cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ザ・ダラス」、「アクオド バイ チャヌ」、「コーシェ」、「マトフ(MATOHU)」の計4ブランド。

中島沙希

ブラボー所属。身長175cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「マラミュート」、「シュシュ / トング」、「コトハヨコザワ」、「パーミニット」の計4ブランド。

福士リナ

イプシロン所属。身長176cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ザ・ダラス」、「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」、「ユキ トリヰ インターナショナル(YUKI TORII INTERNATIONAL)」、「コーシュ」の計4ブランド。

細谷理紗

イマージュ所属。身長178cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「アジアン ファッション ミーツ トウキョウ インドネシア」、「タエ アシダ」、「アクオド バイ チャヌ」、「コーシェ」の計4ブランド。

MIOKO

フリーランスのモデル。身長173cm。AFWTでランウエイを歩いたブランドは「ジェニーファックス」、「シュシュ / トング」、「コーシェ」、「ハハ(HA-HA)」の計4ブランド。