ファッション

ツイッターから見る東コレ 注目トピックスを一挙振り返り 後編

 2019-20年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」が3月23日まで開催中だ。今シーズンは初参加ブランドから海外で活躍するベテランまで、計52ブランドが参加。各ブランドが趣向を凝らしたショーやイベントでファッションウイークを盛り上げる。本記事では、「WWDジャパン」公式ツイッターアカウントで取り上げた注目トピックス(4~6日目)を一挙紹介。AFWTを語る上で欠かせない話や、普段は知ることができない裏話までを随時取り上げる。

 4日目は「アクオド バイ チャヌ(ACUOD BY CHANU)」や「ウジョー(UJOH)」、そして「コーシェ(KOCHE)」などがショーを披露。さて、4日目の注目トピックは?

 5日目は「アカリミヤヅ(AKARI MIYAZU)」や「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(CHILDREN OF THE DISCORDANCE)」、「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」がショーを披露。さて、5日目の注目トピックスは?

 最終日となる6日目は「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」や「チノ(CINOH)」、「ジエダ(JIEDA)」などがショーを披露。さて、6日目の注目トピックスは?

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら