ファッション

「タエ アシダ」が東コレで衝撃のメンズを披露 設立以来初

 「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」は「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」期間中に行った2019-20年秋冬コレクションのランウエイショーで、ブランド設立以来初となるメンズを披露した。

 ファーストルックで登場したメンズのアイテムは、オーバーサイズのコートにナイロンパーカ、デニムとカジュアルなもの。その後もウィメンズのアイテムと同素材のものをメンズ仕様にして提案。ウィメンズで数多く登場したエレガントなジャケットスタイルとは異なり、メンズは刺しゅう入りのブルゾンをはじめ、カジュアル要素の強いアイテムをメインに提案した。

 今シーズンのテーマは先シーズンに引き続き“多様性”。芦田多恵デザイナーはランウエイ前に「今回は、これまでブランドとして踏み入れたことのない新たな領域に足を踏み入れた」と語っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら