ファッション
特集 東コレ2024-25年秋冬

ブランドのファンダム作りで広げる共感の輪 2024-25年秋冬東コレ総集編

有料会員限定記事

他に差をつけるブランドはファンコミュニティーの形成に長けている。今季の東コレでは、親密さやエモさ、デザイナーの自己開示で見る者の共感を誘うブランドが目立った。「エムエーエスユー(MASU)」はファンとの距離の近さ、「ミューラル(MURRAL)」は顧客への細やかな気遣い、「ヘンネ(HAENGNAE)」はストーリーテリングで、顧客のブランドに対する理解度を深めている。「エフエーエフ(FAF)」や「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」など、ファン層をすでに確立しているブランドも含め、ファンダム作りが得意なブランドのコレクションを紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2024年3月25日号からの抜粋です)

「エムエーエスユー(MASU)」

ブランドファンをイベントに招待
デザイナーとの距離の近さが魅力

東コレ開幕前夜に渋谷ヒカリエでオープニングイベントを開催した。1月のパリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中に現地で最新コレクションを発表し、その凱旋イベントとしてショーの記録映像をドラマ仕立てに編集し、公開した。事前に一般参加も受け付け、600人以上の応募があった。会場では「MASU ボーイズ」と呼ばれるファンが集い、後藤愼平デザイナーと写真撮影などをして交流する場面も見られた。23年1月に横浜の老舗ダンスホールで顧客向けイベントを開いてファッションショーなどを行った際は、熱量の高い若者を中心に約500人を集客した。

この続きを読むには…
残り2858⽂字, 画像30枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。