ファッション
特集 東コレ2024-25年秋冬

ジェンダーの既成概念を超越する2つの新潮流 2024-25年秋冬東コレ総集編

有料会員限定記事

ジェンダーの既成概念を超越する2つの新潮流 2024-25年秋冬東コレ総集編

今シーズンの東コレでは、ジェンダーニュートラルの先を行く新潮流が見られた。ウィメンズブランドは、世間が作り上げる理想の女性像を克服し、自然体な一人の人間を表現。フェミニズムはセンシティブに捉えられがちなものだが、デザイナーたちは吹っ切れたようにありのままをさらけだした印象だ。メンズブランドやユニセックスブランドでは、性別の垣根を越えたアイテムやディテールが頻出。象徴的なのはスカートで、従前よりもはるかに多く登場した。しかし、あえて意識してそれらを作ったというよりも、「すてきだからデザインに取り入れただけ」といった無意識さがうかがえる。(この記事は「WWDJAPAN」2024年3月25日号からの抜粋です)

生身の人間として女性を描く

フェティコ(FETICO)

テーマは“永遠のお気に入り”。舟山瑛美デザイナーが幼い頃から好む映画「アダムス・ファミリー(The Addams Family)」や作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey)の退廃的な世界観に着想した。「好きなものを大切にすることは自分を大切にすること。お気に入りと人生を共に歩むのは幸せ」と舟山デザイナー。クロスモチーフのカットアウトや、大きな白襟、ニットの編み地に世界観がにじむ。女性の造形美を強調するブランドの姿勢は、チュールブラウスやシアーなボディースーツで表現。ブランド初のジュエリーには、大きなボールが付いたチョーカーや、ベルベットリボンのヘアアクセサリーなどがそろった。

この続きを読むには…
残り2755⽂字, 画像32枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。