ファッション

東コレ体当たり企画 デザイナーにあなたの質問を代わりに聞きます! 「ザ・リラクス」編

 「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」が現在、開催中です。「WWDジャパン」では、AFWT期間中にインスタのストーリーでデザイナーへの質問を募集中!コレクションについてからプライベートまで、あなたの質問を体当たりでデザイナーに聞いちゃいます。第3弾は、初のショーを行った「ザ・リラクス(THE RERACS)」の倉橋直美さんです。

Q:素材にこだわりを見せる「リラクス」にとっての“素材”とは?

A:服を構成する上で大きな役割を果たしています。素材があってはじめてパターンやシルエットを作ることができる。デザインも、素材が決まらなければそれに適したデザインはできない。素材が全てとは言いませんが、洋服の核になることは間違いないです。

Q:デザイナーになるために養うべき力は?

A:ベタですが、「服が好きだ」という気持ちが一番大切。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は一般大学卒で、ファッションの勉強を専門的にしたわけではない。ただ、学生の時から服が好きで、ごはんも食べずに海外に行き、服を買っていました。今思うと年齢や雰囲気的に分不相応でしたが、頑張って、そして気張っていい服を着ていました。そこからいいものを着たいという気持ちが生まれ、日本にはない素材の洋服に魅せられるようになりました。「リラクス」のようにインディペンデントなブランドを作るには、生産背景や資金など全て自分たちで管理しなければいけない。必ず壁や辛いことにぶち当たります。単純かもしれませんが、それを乗り越えられたのはやはり服が好きで作りたい、という思いがあったからこそです。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら