ファッション

レザーは“脱・ハード”で着こなす! 今季取り入れたいレザー使い3【2022-23年秋冬トレンド】

 レザーアイテム(合皮含む)の着こなし方が変化しています。これまではタフさやハードな印象を与える着方が主流でしたが、今の流れは“脱・こわもて”。2022-23秋冬トレンドのフェティッシュなムードを追い風に、ソフトでライトなスタイリングが登場。控えめなパンクやデカダンス(退廃的)をデイリーに落とし込んだ提案も相次いでいます。

 例えば「ワイズ(Y'S)」は、オーバーサイズのライダースジャケットをジェンダーレスに着やすく仕立てました。従来のライダースはよろいのようなハードさが持ち味でしたが、同ジャケットはしんなりと体に沿う、落ち感が印象的。気張って見えない、しなやかライダースです。今回は、進化版が続々と登場するレザーアイテムの新たなまとい方をご案内します。

ワンピースや吊りスカートで意外性をまとう

 レザーアイテムは、ジャケットやボトムスといった上下別ピースのイメージが強いですが、ワンピースタイプだと質感がさらに生きて、しなやかな見え具合に。意外性も備わります。

 「ザ・リラクス(THE RERACS)」の吊りスカートは、ワンピース風のロング丈。面積が広くなればなるほど、レザー特有の質感が際立ちます。タートルネックのトップスに重ねて、フェティッシュなムードを上乗せし、ドレッシーな雰囲気が備わりました。ダークトーンでまとめることで、ミステリアスな風情も漂わせています。

 盛り上がる“フェティッシュ”のトレンドを迎え入れるには、レザーアイテムが最適です。かさばらないウエアは軽やかな見え具合に。明るい色を選べば、着こなしにも幅が出ます。

 2枚目の写真「ファクイ(FAKUI)」は、レザー仕立てのスリップドレスが主役。シンプルな黒トップスに、ボディーコンシャスなシルエットを重ねました。つややかな質感と明るいブラウンが、フェティッシュな雰囲気を漂わせています。カジュアルなトップスに加え、膝上まで入ったスリットからソックスをのぞかせて、抜け感を添えました。

加工や色で楽しむ新・レザーパンツ

 黒レザーパンツは、ロックでクールな着こなしに生かされてきました。でも、近ごろはバリエーションが拡張し、加工タイプやカラー展開など、選択肢も広がってきました。

 「ミューラル(MURRAL)」のレザー風味のパンツは、センタープレスが施され、スラックス風の“きちんと感”とつやめいた質感が同居。着こなしもチュニックワンピの上からニットボレロをレイヤードして、全身で“異素材ミックス”のハーモニーを奏でました。

 白系に染めたレザーパンツは、意外性の高いボトムスです。つやめきを生かしながら、クリーンでライトに見せられます。同系色でまとめるワントーンコーデにも役立つ重宝アイテムです。

 2枚目の写真「メゾン スペシャル(MAISON SPECIAL)」は、全身をエクリュカラーで統一。重たく硬派に見えがちなダーク系レザーパンツも、上品でやわらかい色合いなら、優しげなムードに。ブーツも同系色でそろえて、つややかな脚線に見せています。レザールックでも穏やかに整えられるという好例です。

コンパクトサイズで“ゴツさ”を引き算

 レザーウエアの中で、最もハードでタフな印象の強いアイテムにライダースジャケットが挙げられます。これまでは持ち味のゴツさを生かした着方が主流でしたが、今は異なるムードの新顔が増え、スタイリングのレパートリーも広がっています。

 「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」のライダースは、コンパクトなサイズでトレンドのクロップド丈を採用。グリーン系のカラーも目新しさがあります。上半身は引き締める一方で、ボトムスは裾広がりのスカートでボリュームたっぷりにして、上下でめりはりを利かせました。

 おなじみのブラックのライダースにも、シルエットのアレンジが加わっています。ストリートっぽく着こなすのがお約束でしたが、いろいろなムードでスタイリングしやすくなってきました。

 2枚目の写真「コトナ(KOTONA)」は、ウエストが細めのデザイン。これまでは割とかさばる感じの着方が多かったのですが、くびれが際立つ新しいフォームは、ボディーコンシャスな見せ方になじみます。細身のパンツと合わせてフェミニンさを演出し、従来とは別テイストに仕上がりました。

 パンクロックやバイカーなどのイメージが強かったレザーアイテムも、新タイプが増えたおかげで普段使いしやすくなってきました。着こなしのポイントは、今季トレンドの“フェティッシュ”を取り入れて、“脱・ハード”にまとうところ。秋冬に出番が増えるニットトップスやコートなど、異素材ウエアとの相性にも優れているので、この秋冬はレザールックをバージョンアップさせてみてはいかがでしょう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。