ファッション

「トモ コイズミ」「リュウノスケオカザキ」が参加 香港「K11 MUSEA」×英V&Aの展覧会に東アジアのデザイナー6人が出展

 香港のアート&カルチャーセンター「K11 MUSEA」は、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum、以下V&A)と協業したファッション展覧会“クチュールへの愛:時を超えたファッションの職人技(The Love of Couture: Artisanship in Fashion Beyond Time)”を12月8日〜2023年1月29日まで開催する。

 同展では、香港の著名なプロダクションデザイナーであるウィリアム・チャン・スクピン(William Chang Suk-ping)のほか、東アジアの若手ファッションデザイナー6人が参加する。参加デザイナーは、LVMHプライズ2022のセミファイナリストに選出された中国のユエチ・チ(Yueqi Qi)、「ウインドーセン(WINDOWSEN)」を手掛ける中国のセンセン・リイ(Sensen Lii)、セント・マーチン美術大学(Central Saint Martins)在学中から注目を集めていた香港のセリーヌ・クワン(Celine Kwan)、「ミス ソーヒー(MISS SOHEE)」のクリエイティブ・ディレクターを務める韓国のパク・ソヒ(Sohee Park)、日本からは小泉智貴「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」デザイナーと岡﨑龍之祐「リュウノスケオカザキ(RYUNOSUKEOKAZAKI)」デザイナーが参加する。

 6人のデザイナーは、V&A が所蔵するイギリスとフランスのウィメンズウエアの歴史的アーカイブからインスピレーションを得て、東アジアのテイストを醸し出した新しいクチュールを製作し、同展で展示する。また、香港初公開のものを含む、V&Aが所有する1830〜1960年代のアーカイブも一般公開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。